Contrex's diary

エンターテイメントに生かされています Twitter@_i_z_m

2015現場まとめと観客アレルギーの正体について(あるいは凡オタについて)

 今年の現場まとめです。

1月 あっぱ1

2月 大森1、あっぱ1(、ぴろよ1)

3月 伊澤ソロ1、他1

4月 大森1

5月 大森2、あっぱ1、ジャニーズ1、他1

6月 あっぱ1、大森3

7月 ぴろよ3、大森4、ジャニーズ1

8月 ジャニーズ2、大森1、トーフ1

9月 ジャニーズ1

10月 トーフ1、ジャニーズ2

11月 あっぱ1、トーフ1

12月 なし

 

比較すると昨年が16から33に増えました。倍増ですね。

全然行ってない月もあるので、過密な月ペースで行くと100越えになりますね。来年以後は23区に引っ越す予定なので、多少身軽になるかもしれません。

夏の現場と称して、個別にまとめたりしたエントリが以下

 

contrex.hatenablog.com

 

エポックメイキングだと思われる現場各種は

 

・夏のガムシャラVS公演で初日最初の公演にはじめて入るというジャニオタ的なトピック。この公演で作間龍斗くん及び小川優くんハジマタ状態に

・夏、その他の公演で最前列に入る。いろいろとオタク的視野が広がる。

・大森さんの現場に自分比でがっつり通った1年、とくに実験室などではファン層の広がりとともに自分の居場所の置きづらさを感じたりしつつブログをご本人に話題にしていただく(嬉しい)

 

contrex.hatenablog.com

・風 is a Doll?がいろいろとわりと衝撃的で、その後さらに数ヶ月のブランクを経て菊池担復帰

・キスマイドームの直後、ABC座に入ることで、自分のジャニオタ的立ち位置がはっきりした

 ・増田ぴろよさんと縁が深まった感

・トーフ現場にたまに行くようになるも、居づらさを感じる

・あっぱでも居づらさを感じる

 

などです。

 

 私だけが話題にしているわけではないのでわりと感じる人は感じているのだと思いますが、アイドルとか、歌手とかを見に行っているだけなのになぜかその場でマウンティングされているような錯覚に陥り、身動きがとれなくなることが今年は多々ありました。一種の観客アレルギーとも呼べるような状態で、楽しさよりつらい気持ちの方が上回ってしまうから現場に足を運ぶことをためらう場面も。

 これはもう断言すれば私が行く現場に半オタ関係者的な人、もしくは有名オタがはびこっており、半オタ(有名オタ)がいることはともかく半オタ(有名オタ)に取り入ろうとする凡オタの姿を見るのがつらいが、しかし取り入る姿勢を見せない自分はただひとりそこに立ちすくむだけの凡オタにすぎないのだ・・・。という発想が自分の首を絞めているのだと思います。

 ジャニーズの現場は半オタというものが発生しづらく、また有名オタも別にライターとか、デザイナーとか、クリエイターみたいなわけのわからない感じの本業:オタクのような人でなく一般の会社員や学生が多いし、そのうえ規模が大きいので有名オタの定義もそれぞれに違い、「嫌なら見るな」が成立するのであまりそういった観客に対する嫌悪的な意味でのつらさは起こりません。

 ですがまあ、トーフ現場に顕著なことなのですが、界隈に(界隈という単語も使いたくないけど・・・)半分クリエイター、半分会社員みたいな人が大量にいて、評論家気取りだったり友達気取りだったり実際に友人だったりする人がフロアにたくさんいる状況で、そこに取り入ろうと半オタを志望する凡オタがあふれかえり、さらに普通にJ-POP的にトーフビーツを知ったマルチネを知らないいわゆる「ふつうの人(非オタク)」が混在する一種のカオスみたいなものがまだ400〜500人規模で起こりうるんですね。

 すると、半オタ志望でもないけれど非オタでもないメジャーデビュー前に認知してなんとなく曲を聞いてる程度のファンこと凡オタ的私みたいなものの居場所がめちゃくちゃ少なくなるんですよね・・・

 これ、別に誰に改善できる話でもないですよね。演者側も関係者や友人を排斥する理由もないし、新規のファンは当然歓迎されるべきだし、自分の友人に付け入ろうとして友達ヅラをする奴の管理までする義務なんて当然ないからです。「会社の人」的立ち位置にいる人には一番扱いづらい問題だろうし。

 そしてなにより本来居心地のいいはずの、観客の顔が見渡せる中規模キャパの会場が、誰かひとりを糾弾できないが「嫌なら見るな」が通用しないなんとも言い難い規模感を演出してしまっていることがつらいですね。

 こうなってくると問題とされるべきはもはや当事者的半オタ志望者の根底にある有名人コンプレックス、都会コンプレックスの解消ですが、そうやってつまらない他人の人生に夢も体も費やす必要は誰にもないわけで・・・。

 

 結果として現場へのモチベーションが下がり、下半期に明らかなる失速を迎えてしましましたが、しかし私はまあ打つ手がないです。開演ギリギリに会場にすべりこみ、終演後は一刻も早く帰宅する他には。

 今後は23区に住むのである程度低下するモチベーションと費やすコストのバランスをとりつつ、さらにジャニオタ的にもエンジンをかけ楽しい凡オタライフを送っていきたいと思います。

 直近の現場は年明けにジャニーズワールドからスタートです。くるった世界で踊る小川優くんの活躍を楽しみに今年を締めたいと思います。

 お会いしていただいた皆様、今年ご縁が深まった皆様には大変感謝しております。来年以降もまたご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。成人したのでお酒も飲みましょう。

 また別エントリで今年は振り返るかもしれませんがひとまず良いお年を☆