読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Contrex's diary

エンターテイメントに生かされています Twitter@_i_z_m

暮らしとわたしとあなたがアイドル

 髪はのびる、爪ものびる、定期は切れる、Suicaの残金が足りなくて改札から出られない。ICカードへのチャージをいくらぶんすればいいのかいつも迷う。「いずれ使う」にまわす余裕が、自分にどのくらいあるのかを考える。

 
 排水溝に髪の毛が詰まる。台所にあるスポンジにまだ泡が残っている。洗濯機をすすぎ1回モードにしてまわす、ハンガーの数が足らないから買いに行かなくてはならない。昨日の朝だしわすれたゴミを、今度何曜日に出せばいいのか考える。
 
 生活・生活・暮らし。やりたいことの前には必ずやらなければならないことが立ちはだかっている。そしてわたしたちは(ともだちじゃない)他の人がやらなければならないからやったことなんか知らない。知っているのは、好きな色、誕生日、血液型、あと使っている携帯の機種とか、よく使っているかばんとか。君の住んでいる街の燃えないゴミの日を教えてよ、知らなくても全然いいけど。
 
 アイドルとともだちになれない。アイドルのことを知らない。べつに、アイドルとはステージに上がって歌って踊ってキラキラしている人のことだけじゃない。たとえば朝いつもの電車で隣に座るあの子とか、もぐりこんだ知らない授業で1回だけ見かけたことのあるあの子とか。もちろん、ステージの上にいてもいい。テレビでだけしか見れないようなトップアイドルでもいい、昨日行ったコンサートでステージの端でだけど目を離せないほどに輝いていたあの子でもいい。ただ、わたしたちは知らない。知らないことが、あの子をアイドルにする。わたしと、あの子を隔てているのは、わたしが、あの子を知らないこと。関係性に比して過剰な思い入れこそが、わたしの持つ執着が、あの子をアイドルにする。
 
 電車に乗ってやってきたコンサート会場に、でもいい。歩いてやってきた駅に、でも、わたしが来るのだから、あの子もまた「来て」いるのだ。暮らしのなかからいまここに、「来て」いる。
 
 その前に、彼女が定期券を更新するためにいつもよりすこし早く家を出たとか、寝坊しそうになってあわててスヌーズを止めたとか、5分遅れたのは乗換駅で人身事故があったからだとか、そんなことを、わたしたちはつゆほども知らない。知らない誰かのありふれた日常と、地続きにあるはずの今を、わたしたちは非日常としてとらえる。いま目の前にいるあの子と、わたしの頭の中で生きているあの子は、厳密に言うとすこし違うのだろう。あの子は今朝恋人のいるベッドからぬけだしていまここにいるのかもしれないけれど、わたしの頭の中で生きている彼女はそんなこと絶対にしないのだから。
 
 実在と非実在の境目は、こうしてみると非常にあいまいだ。いつもの駅のいつもの位置に立っていることも、あるいはテレビの中で笑顔をふりまいていることも、当人からすればそれは生活・暮らしと地続きになった瞬間だ。けれど、切り取られたある時間しか見ていないわたしたちは、そこからすぐ先に日常があることをいつも忘れてしまう。彼女たちは当たり前に人間で、そしてわたしのなかでは人間ではないのだ。ただ、フィギュアでもなければ絵の中の人物でもない、実在の人物として非実在なのだ。
 
 しばしばアイドルファンはスキャンダル記事を見てがっかりしたり、失望したりする。それはつまり、知らなければなかったのとほとんどまったく一緒だったできごとが、知ったことによって事実としてそこにたちのぼってしまうのが悲しいのだ。本当の彼女が浴槽の水あかをこすっている時間にも、わたしたちは彼女がカフェでパフェでもつついているような時間を想像している。想像することさえ許されていればいいのだ、想像の余地があれば、実際になにをしていたかなど、実のところもはやどうでもいいのだ。ただ、わたしのなかに彼女が生きていさえすれば。
 
 知らない・知らない・知らないわたしたちは想像をふくらませる。ただ、その余地だけが奪われないように、いまも必死に想像している。
 
 

上半期現場まとめ

1/20 あっぱワンマン 渋谷La.mama

2/5 炎上BOYS 変態少年×変態少女 どついたるねん大森靖子ツーマン 渋谷WWW
2/11 MUSIC HOURS(あっぱ) 代官山LOOP

3/3 パラシュートPIANOセッション 渡辺シュンスケ×伊澤一葉×世武裕子 青山月見ル君想フ
3/7 ラブリーサマーちゃんと芳川よしの「よしよし、サマー!」リリースパーティー 渋谷2.5d

4/3 あっぱワンマンvol.38 渋谷TSUTAYA O-nest
4/26 大森靖子爆裂!ナナちゃんとイくラブラブ洗脳ツアーファイナル中野サンプラザ

5/12 大森靖子&THEピンクトカレフトカレフ」発売記念ワンマンGIG 新宿LOFT
5/25 ジャニーズ銀座チームH シアタークリエ
5/27 NewAction! 新宿MARZ
5/30 あっぱ 渋谷THE GAME

6/3 APPA NO PIANO ONE MAN SHOW 代官山LOOP
6/6 ねもしゅーせいこ「夏果て 幸せの果て」 池袋東京芸術劇場シアターイース
6/7 ピエールフェス TOKYO DOME CITY HALL
6/22 大森靖子の続・実験室vol.12〜人のセッショクを笑うな〜 新宿ロフトプラスワン

記録ある範囲で16現場、お疲れ様でした。

内訳
あっぱ、伊澤さん関連:6
ジャニーズ:1
その他:2

下半期すでに10現場程度あるのでおそらく増えます、現場でよろしくお願いします。

祝『トカレフ』発売!ガチ恋ソング的大森靖子「愛してる.com」レビュー

 先日の更新は単なる前置きでしかなかったのだ。そう、ガチ恋(ジャニーズ用語で言うのならリア恋、本気愛)ソングとして大森靖子を引用することでジャニーズとの結びつきを無理矢理生むための。

 

 ハニーザスターさんのブログの


2014-03-26 - and i like betty*

 

 この記事にリスペクトを込めつつ、最新CDアルバムと本人監修映画DVDの2枚を同時に購入しないと入手できない大森靖子「愛してる.com」の歌詞をワンフレーズずつ引用しながらガチ恋的レビューをしていきます。(ちなみに歌詞は映画「ワンダフルワールドエンド」のパンフレットにしか正式な記載がないためこの記事では表記に間違いがあるかもしれません。随時なおします。)

 

愛してる.com 君の全てが載ってるサイト水属性弱いの

  突如、生放送の音楽番組や定期購読しているファッション誌で見つけたアイドルにマジでどうしようもない恋心を、そこまでいかなくてもときめきを覚えてしまった場合に一番最初にすることはなんだ?そう、名前でググることですね。ポケモン的に言うのなら相手が何属性で、何属性に弱いかなんて一番最初に知っておくべきことなのにこの段階では歌の主人公は何も知らないんです。あまりに知らない。私は好きなアイドルの誕生日と星座を検索して速攻で覚え、熱の冷めないうちに蠍座の占いの本を買ったことがあります。私たちは恋をする相手の誕生日や血液型すら本人から聞けず、検索するしかないのです。

 

恋してる最中こんなドラマで泣いちゃうぐらいおかしいの

  ガチ恋的苦しみを覚えるか否かにかかわらず、グループ内で端のポジションのメンバーやジュニアがドラマに出ると該当のファンはすぐ泣く。そしてガチ恋のファンであればメンバーのポジションなどに関わらず、ドラマの役として女性と接触した時点で実況がさかんに行われるTwitterのタイムラインから姿を消す。感情が揺さぶられすぎている。ガチ恋は文字通りの意味として本当に対象の人物、この場合アイドルに恋をしているのだから当然と言えば当然だ。ガチ恋を煩った人間はすぐ泣く。この恋がけして実らないことを肌でわかっているのだ。

 

あの店なら会えるけれどそうじゃない街角で偶然会いたい

  ジャニーズショップには写真が並ぶし、コンサート会場や舞台の劇場には当然本人がいる。わかる、わかっている、そこになら絶対にいるんだ。だけど、私が会いたいのは、衣装を着ていない、アイドルとしてではない、ただ、ふつうに生きている彼や彼女たちなのだ。わかる無理だよね。そこには金銭との価値の交換が存在してしまうのだ。

 

モーニンモーニン愛してる今日も コーリンコーリンはじめて嬉しいの 

  アイドルは私たちにはじめての感情をもたらしてくれる。自分と現実的な関わりの一切ない、こちら側の一方的な思い込みのみで成り立った関係を揺さぶる。今朝も起きたら愛しているし、新しい情報に一喜一憂させてくれる。「はじめて嬉しい」からこの歌の主人公はオタク三日目なのでしょうか?最高ですね。

 

君のおすすめにおもしろいものはひとつもなかった 

  ここだ!!!!!!!!!!!

 このフレーズがなによりこの曲を、現実の恋愛と隔てガチ恋ソングにしてしまっている。

 現実的な恋愛は当人同士が直接対話をし、進行する。そのため君のおすすめにおもしろいものが「ひとつも」ないことは稀なのではないだろうか?しかし、ここはガチ恋。君は応援しているアイドルが「下北沢のヴィレッジヴァンガードが好き」と笑顔で語っているのを聞いたことがあるか?。もしくは有料会員制サイトでしか閲覧することのできないブログでケータイ小説を勧められたことがあるか?

 趣味が合うとか合わないとかいうことではない、この気持ちはただ単に恋なのだ。たとえその相手がいつだってずたずたのダメージジーンズとムートンブーツを履いていることに目を背けたくとも。

 

それでもついていきたいと思ったたのしい日曜日 愛してる.com更新

  本当にどうでもいいのだけれどジャニーズwebという有料会員制サイトはおおよそのコンテンツが曜日ごとに分けて更新される。特にメンバーから直接文字で言葉が発信されるブログは毎度決まった更新時間ぴったりにページをリロードしてしまう貴重なコンテンツだ。愛してる.comにはそうした本人発信の情報が、本人も忘れてしまったことまでびっちりと書き込まれているような気がする。

 趣味の合わない小説や漫画を勧められても、それでもやっぱりこれは恋だからきみのことを、きみの言葉で知れることはとても嬉しい。毎週日曜日に更新されるのはジャニーズwebだとHey!Say!JUMPのブログですが、この歌の主人公はJUMP担なのでしょうか?気になります。

 

愛してる.com 家族で外食ばったり会うとなんか照れるね

  家族や友人と食事に行ったお店で、テレビに自担が映っていた場合の動揺をみなさんどう処理していらっしゃるのでしょうか?私はたいてい処理しきれず冷や汗が流れ、挙動があやしくなってしまいます。ガチ恋でなくともこうなら、ガチ恋だといったいどうなってしまうのか?もはやわざわざ書くまでもないのです。

 

恋してる最中 きっといつかの話だけNGよ

  現場系オタクあるある、コンサートDVDでカットされたMCでなにをしゃべっていたかはっきり覚えている。

 秘密の共有は恋を盛り上げます。たとえばカメラの入らなかった公演でうっかり口をすべらせて未公開の情報をしゃべってしまった姿は、実際には数千から数万の規模の人に共有されていますがそこはガチ恋、彼と私の世界においてそれは秘密の共有。しかしもっと言えばあの瞬間、マイクをおろしてほかの人の話を聞いていた彼が退屈そうに手のひらを見つめたあの、誰も見ていなかっただろう姿をしっかり記憶していることこそが秘密であり、そんな話をまさかブログに書くことなんてするわけがないのだから、これはやっぱり恋だった。

 

思い出だけきれいなんて大人のやることよ腐らないで

 誤解されがちだがメジャーアイドルの多数はある種の精鋭だ。下積みを重ねてきた彼らはそれでも、輝かしいデビューの姿のあまりトントン拍子にスター街道を駆け上がってきたと思われることも多い。地上波のテレビ番組で「そんなにかっこいいんだから苦労なんてしたことないでしょ?」と問いかけられ、はにかみ笑顔で「そうですね」と答える姿にジュニア時代のユニット解体を思い描いてしまえば、ガチ恋でなくても涙を禁じえない。

 

ダーリンダーリン はじめてを全部あげるよ コーリンコーリンわかるまで愛してるよ絶対

 前述したようにアイドルははじめての感情をたくさん与えてくれる。ガチ恋であればその感情は累乗、ふくれあがって心を揺さぶる。そのはじめてを、ひとりにだけ、全部あげたいと思うことを恋だといわないのだろうか。

 趣味の合わないきみのことを全部わかりきるまで愛しているという宣言は、つまり生涯ずっと愛しているという意味なのではないのだろうか? わかるまで愛しているから、一生わかりきれないようにずっと私の知らない誰かを好きでいてほしいのかもしれない。ガチ恋とは対称にありながら、しかし恋以外のなにものでもない感情だ。

 

君の落書きに斬新なものはひとつもなかった  それでもなんか笑える毎日 逆に新しい

  きっとキラキラ輝く以外に才能がないアイドルを相手に、ほかのものに才能がないことを確認して私たちは安心する。よかった、これが天職なだけで、あとはふつうのひとなのだ。実際にそうであるかは別として、ガチ恋状態の脳は相手と自分をせいいっぱい近づけようとする。同じ人間であると思おうとする。何度も繰り返すが実際の姿がどうであるかはいま関係ない。ただ、落書きでも、文章でも、なんでもいいからその人が凡人であることを確認したいと思ってしまうのだ。

 そのことが安心をもたらす。私と彼は同じ人間で、どうにかこうにか同じ土俵に上がることもできるのだ。そんなはずはきっと一生ないが。

愛してる.com 君のすべてが載ってるサイト更新完了

  最初はwikipediaを見る側だった私たちはついに彼らのプロフィールを勝手に書き換える側に立ち代わる。毎度話すことが同じ雑誌から彼らの人間性の変化のなさに安堵する。一本筋の通ったところだけをきちんと選んで書いていたつもりだけれど、実はそれは気まぐれの連続なのかもしれない。真相を知ることはないまま時は過ぎ、恋は恋のままだ。けれど私たちと彼らを決定的に隔てているのは、私は彼を認知しているけれど彼が私を認知することはおそらく一生ないという壁だ。蓄積されていく知識の量だけ相手がこちらのことをかけらも知らないという事実もまた残酷なほど積み上がっていく。


 好きという気持ちも恋も自由なのだけれど、この曲では相手が自分を認知しているという、現実の恋愛として当たり前の事実が欠落している。という読み取り方もギリギリできるのです。私と親和性の強いジャニーズ的なアイドル像では、本人が発信したいと思うことだけがファンや関心のある人に伝わるので、なにが実像でなにが虚像なのかはとてもわかりづらいのですよね。だからこそそこにこじらせられるガチ恋があるのではないか?だんだんいっていることがよくわからなくなってきましたね。

 性格の悪い私はアイドルのことをずっと好きでいるわりに、結局永遠に趣味が合わずステージの上にいるところしか愛せないことをすこしコンプレックスに思ったりするのですが、そこから一歩踏み込んで人間の部分まで愛情を抱こうとすると齟齬が生じて愛してる.com的な状態になってしまうのではないのか?俺もお前もみんなガチ恋だ!おたく全員に愛してる.comをきいてほしい!


トカレフ

トカレフ

君は応援しているアイドルが「下北沢のヴィレッジヴァンガードが好き」と笑顔で語っているのを聞いたことがあるか?

 私はあります。
 
 NEWSの加藤シゲアキさんがラジオで大森靖子さんの絶対絶望絶好調をかけた。ことがちょっとしたトピックになるぐらいジャニーズとサブカルの親和性は低い。
 ジャニオタはどれだけ論理的っぽい記事をはてなブログに投稿している人でもINGNIやAnkRouge*1の服を着ていることが多いし、SPUR*2にメンズ版の姉妹誌ができて、そこにジャニーズJr.がたくさん載ることになっても多くのファンはまずSPURがどんな雑誌なのかよく分からず、ただおめでとうと言っていた。ジャニーズにめちゃくちゃいい曲は多いけれど、王道J-POPオリコン10位まで全部わかるような青春を送った人が、モードとか、サブカルチャーとか、教室の片隅にひとり取り残されている人がすがりついていたようなものに興味を示すことがおかしな話なのだから、当然と言えば当然。
 
 しかし、ジャニオタという人種が一般的に言ってマジョリティかといえばそれは絶対に違う。ジャニオタしかフォローしていないツイッターアカウントのタイムラインには「職場で自担*3が話題にのぼってあやうくオタバレするところだった」という文字がそれはもうしょっちゅう並ぶ。

ジャニーズオタクと付き合ってよかったこと5選 | マイナビニュース

 こんな記事がアップされてしまう、つまり、ジャニオタとつきあうことはわざわざ特別なメリットを見出さないといけないような苦痛を伴うことだと世間一般に思われている。ジャニオタはデメリット。君はNEWSの加藤シゲアキという名前を見た瞬間に顔を思い浮かべることができたか? できなくていいよ。NEWSが何人組かも誰がいるかもわからなくていいよ。嵐は?嵐はわかる?大野くんはわかる?大野くんももうみんなわかるの?でも、10年前は誰も知らなかったんだよ。でも、そのことも知らなくていいよ。

 

 10年前には誰も知らなかったアイドルを10年前から応援していたり、あるいはもはや全国民が知っているアイドルの全然チケットがとれないコンサートのために北海道まで飛行機で行ったりすることと、メジャーデビューなんてしないだろうなというバンドの都内のライブに全部通って、あまつさえキャパシティ150のライブハウスまで遠征*4することの何が違うというのか?

 君が思い浮かべるジャニオタがキスマイBUSAIKU!?を見て玉森くんをかっこいいと思って好きになって東京ドームのコンサートに黄色のワンピースを着ていって2年後そのことなんて忘れているような人間だとしたら、かつて一緒に好きなバンドがロキノンに載ったことを歓びライブハウスに通ったはずなのに気がついたら連絡が途絶えたTwitterのハンドルネームしか知らない友達の誰かはいったいなんなのか?

 

 ジャニーズJr.はいともたやすく事務所をやめて芸能の世界から去って行く。偏差値70の高校で3年生になったんだからそうだよね。もう大学4年間近だもんね、そうだよね、普通に生きていくより大きいリスクを背負うには、せめて将来ぐらい確約されていたいよね。わかる、ジャニーズにいても未来ないもんね。でも、ジャニーズでいる君が好きだったから、よく知らない事務所で、小さい劇場で舞台に立つ君のことを応援できない。と思う気持ちと、方向性の不一致とか、ひどいときには実家の家業を継ぎますとか、よくわからない理由で続々解散していくバンドをただ眺めることしかできなくて、その後の各メンバーの活動を追ってみるもののいまいちしっくりこなくて、バンドT着てライブハウスから出て、でもやっぱり解散とかしてほしくなかった…とのたまう気持ちの、何が違うというのか? 

 はしかのように好きになってしまったキラキラ輝くアイドルを、はしかのように好きになってしまったへたくそだけど光るところのあるバンドを、1年経って、2年経って、5年後までついていって応援してしまう人たちは、対象が違ったところで結局同じ人間でしかない。いちばんキラキラしていてほしい、変化して成長して何度も何度も同じことが繰り返されるステージを見る価値がある人でいてほしい、そして今日華やかに回れたあのターンを、今日特に光って聞こえたあのフレーズを追い越す瞬間を見るために、私の視界から消えないでほしい。

 
 君は応援しているアイドルが「下北沢のヴィレッジヴァンガードが好き」と笑顔で語っているのを聞いたことがあるか?
 
 アイドルにはいつも高嶺にいてほしい。地上の、私たちの、結局変われない姿なんか視界に入れないでほしい。降りてこないでいい、私たちの結局治らなかったはしかと違って、君がヴィレッジヴァンガードに通うことで普通と違うことを主張しようとしたはしかには治ってほしい。
 そして私たちに「デビューしてから変わっちゃった」「売れてから変わったよ」って言わせてほしい。
 

 

*1 検索してほしい
*2 検索してほしい
*3 検索してほしい
*4 突如現れた共通の用語、遠征

ありがとうさようなら2014

 年が開けることの特別さが一気に薄れてしまって、毎年大晦日にたくさん降る雪くらいにしかわくわくしなくなって、大人だなって感じですね。あけましておめでとうございます。

 昨年は大学に通いだして、関東に引っ越して、環境がガラッと変わったのに現場は増えず、私は生粋の現場系にはなれないんだなあと痛感した年でした。いや、数はそれは増えたし、追いかける対象も増えたのですが、それよりも拡張されていくように現実的な生活にたくさん要素が増えて、そういうことに慣れるのにいっぱいいっぱいになっていたと思います。だからこそ救いのように現場を求めたような日もあったのですが……。

 インターネット的には、現場が増えて、かけられるコストが高くなったことでたくさん意外な人に会えました。どんな人に会っても若いねと言われる今のうちに会えてよかった人がたくさんいるし、ひとことでもインターネットに書けないやりとりができるなら会う意味は無限にある気がします。そういう大事な一瞬みたいなものを全部守ろうとしていろんなことが疎かになっていますが!

書こうとすれば長くいくらでも書ける気がするけれど、そんな時には追記すればいいですよね。今年は、自分のペースをしっかり作って行きたいところに全部行きたいと思います。あけましておめでとう、今年もよろしくね。

かなしみの

 キャラメル [DVD]

キャラメル [DVD]


 観た。
 映画の中で深刻な悩みとして、婚約した男性に処女でないことを打ち明けられないという題材が現れる。その人物は劇中、処女膜を再生する手術まで行う。
 映画全体として女性にとって共感しやすい題材を扱っているにも関わらず、結婚するまで処女でいないといけないという文化が現代にいまだあること、そしてそのことについて深く悩む人物にまったく自分を投影することができず、なんだか置いてきぼりの気分を味わった。

 そのことから、自らにとっての傷や、深い悲しみについて、それが誰かの共感を呼ぶことは全くないかもしれず、そして自分も誰かの傷についてその痛みの大きさすら計ることができないのかもしれないということをあらためて感じた話。

を、この日記とっくに死んでいた自分と、防波堤の嫁 - orangestarの雑記に絡めてしてみたかったのですが、眠りたいので明日以降に扱います。更新通知いってしまいますがすみません。

何をしても私の話(ジャニーズJr.とインディーバンドを応援することはもしかしたら似ている)

*裕貴とは退所した元ジャニーズJr.の小原裕貴、翔ちゃんとは現嵐の櫻井翔

*「私ども」とは2月24日配信のジャニーズJr.情報局会員メールにおける『私どものファンの方やタレントは年齢層が低い』という表記の引用。メールの文脈ではジャニーズファミリークラブ、ジャニーズ事務所を含めた意味。


 私が熱心なファンと言えるのはインディーズのバンドとジャニーズJr.の人に対してだけで、共通点は全然有名じゃないから趣味としてオタクやってるのを気にしない相手にでも話したところでなんにも伝わらないところ。大体はただ楽しいからライブにわざわざ足を運んだり、安くないチケットを買って劇場に通ったりする。でも、やっぱり、今日この場所であの曲を、とか、あの台詞を言う時の表情を、見るためだけに遠くまで平気で行くにはすごく体力が必要で、それだけのためにたくさん力を使うほどには、もしかしたらそこに救いを求めているのかもしれません。救いを求めてそれに縋らないと押し潰されそうにつらいのかもしれません。でもよくわからないし、今は楽しいのでこれからも幸せに生きて行きたい。